【道路交通法の改正】自転車の取り締まり強化とは何だったのか。ていうかみんな忘れてない?

皆さんこんにちはjohです。

 f:id:ago10:20161026145034j:image

突然ですが皆さんは昨年、自転車の道交法が改正され取り締まりが強化される!と大きな話題となっていたことを覚えているでしょうか?

2015年6月自転車の道交法が改正され取り締まりが強化?されました。

違反行為を3年間のうち2回以上摘発された自転車利用者は、公安委員会の命令を受けてから3ヶ月以内の指定された期間に「安全講習」を受講する義務が発生し、講習手数料として5700円徴収されるようになったようです。

その違反行為の具体的な中身とはこれ↓

1.信号無視
2.通行禁止違反
3.歩行者専用道での徐行違反等
4.通行区分違反
5.路側帯の歩行者妨害
6.遮断機が下りた踏み切りへの進入
7.交差点での優先道路通行車妨害等
8.交差点での右折車妨害等
9.環状交差点での安全進行義務違反等
10.一時停止違反
11.歩道での歩行者妨害
12.ブレーキのない自転車運転
13.酒酔い運転
14.安全運転義務違反

※引用元:All About newsdig (http://allabout.co.jp/newsdig/c/82285/2/)

diamond.jp

ところが、確かに最初の1ヶ月程度は警察も張り切って取り締まっていたような気がしますがここ最近はとんと話を聞かなくなってしまったような気がします。

 (たまに思い出したように取り締まりを行ってはいるようですが)

私の個人的な印象としては正直改正前と改正後でマナーに関して大した変化がないように感じます。

私は自動車にもバイクにも乗るのですが街は自転車の危険運転で溢れています。

  • 信号無視
  • 歩道走行
  • 逆走
  • 傘差し運転、スマホながら運転
  • 並走
  • イヤホン

腐るほどいますねw改正前と比べて目に見えて減少した感覚がありません(笑)

一時停止なんてしてる人ほとんど見かけません。

ていうか、もはや皆改正されたことなんてすっかり忘れているのでは?w

それどころか自転車なら飲酒運転はギリセーフだと思っている輩ってまだまだたくさんいますよ(・・;)

ですが、まぁ確かに自転車の車道を走れっていうのは少々不憫な気もしますよね。
歩行者「危ないから車道を走れ」
自動車「邪魔だから歩道を走れ」
警察「取り締まり強化するんでよろしくやで〜www」
自転車 「」
こんな感じですからね(笑)

f:id:ago10:20161026143153j:image

少し調べてみるとどうやら法改正によって反則金のみで前科のつかない青キップのような手続きが導入されるかと思いきやフタを開けると導入は見送られてしまい、危険運転を取り締まるハードルはまだまだ高いのだとか。

赤キップは刑事処分ですから違反者は警察署に出頭し取り調べを受け、検察官に起訴されれば罰金に加えて前科もつきます。

要するに警察からすれば上記のような違反運転を見かけても事故が起こらない限りは赤キップを交付するのは割に合わないということらしいです。。

なるほどー。確かにイヤホンしてたくらいで赤キップ切られたらたまったもんじゃありませんよね。検察や裁判所の負担もかなり大きくなってしまいますしね。

違反しても講習だけの現状では警察側も取り締まるやる気がでないんでしょうかね(笑)

 となると、やっぱり自転車の取り締まり強化とは何だったのか!?と思わざるをえませんね。

 

そもそも自転車に関しては違反運転をしていても自分が違反をしていると自覚していない人が非常に多いんですよね。

 そうなるとやっぱり自転車の免許制なんて議論が必要になってきているのかもしれませんね。

 

どうでもいいですけど私普段温厚な性格なのですが歩道を歩いている時に後ろからチャリンコにベルを鳴らされると無性にイライラしてしまいますw

 皆さんはどうお考えでしょうか。

閲覧ありがとうございましたm(__)m

 こんな記事もあるよ↓

www.johsblog.net

www.johsblog.net

www.johsblog.net

www.johsblog.net