読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事故現場をスマホで撮影する人は必要悪なのだろうか?

皆さんこんばんはjohです。

 

 f:id:ago10:20161108142826j:image

 突然ですが、皆さんは事故、事件、火災現場に遭遇した場合どのような行動をとりますか?

必死に助けようと行動する人、あまりの恐怖にその場で立ち尽くしてしまう人、一目散に逃げる人、きっと様々な人がいるでしょう。

そんな中、1番問題となるのが現場をスマホで撮影する人

f:id:ago10:20161108152411j:image

上の写真は山手線の人身事故の際に事故車両にカメラを向ける乗客達の写真です。

たくさんの人々がその現場をカメラに収めているこの状況は異様としか言いようがありません。

 

また、先日こんな悲しい事件?事故?が起きましたよね。

展示物燃え5歳男児死亡「白熱電球を点灯させた」(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース

f:id:ago10:20161108155616j:image

出典: livedoor.blogimg.jp

 神宮外苑のイベント展示物が燃え、中で遊んでいた5歳の男の子が焼死するというなんとも痛ましい事件ですが、この事故の状況の一部始終の動画がYouTube等のネット上で拡散されており大きな問題となりました。

この動画の撮影者は沢山の人々が展示物を壊し、中の子どもを助けようとしている様や父親の悲痛な叫び、幼い子どものご遺体を至近距離で動画に収めています。

 

こういった事故現場をスマホで撮影する野次馬はどういった心理なのでしょうか。

 

 確かに加害者が都合の悪い事実を隠蔽させないようにするためにも動画に残ってた方がいいでしょうし、貴重な「証拠」や「情報」になるでしょう。

現に東日本大震災の津波の様子なんかは一般人が撮影したものには"現実"があり、我々に津波の恐ろしさを教えてくれました。

 

しかし人間の道徳で考えると、今回の神宮外苑のイベント展示物の火災現場を動画に収めるその行動は常人には理解し難いものがあります。

 目の前に燃え盛る炎があって、その中には火だるまになってる幼い子どもがいるのに、何をするわけでもなくカメラを向けることかできるその神経が凡人の私にはちょっとわかりません(._.)

 

 そもそも現場の撮影は貴重な「証拠」や「情報」になるなんてのはただの後付けで、大半の人の撮影目的は「SNSのネタにしよう」「たくさんリツイートくるぞぉ」なんですよね。

 今回の件だって百歩譲って撮影まではいいとしてもその動画を貴重な「証拠」として扱うのであれば警察に提供すればいいだけで、ネット上で拡散させる必要などまるでないのです。 

 (しかも子どものご遺体までうつして)

 やはり今回の件もSNSでのバズ狙いでの撮影なのでしょうね。

 

 

 必死に助けを求めながらもカメラで撮影された子どもはどう思ったでしょうか。

自分の子供が炎の中にいて泣き叫んでて、もう助からないってわかってるのにどうしようもなくて救急車を求める様子を動画に取られ拡散された父親はどう思うでしょうか。

 

とは言っても、こういった現場の写真や動画が役に立つこともあるのは事実なわけで…

果たして事故現場を写真や動画に収める行為は必要悪なのだろうか。

いろいろと考えさせられる今回の事件でした。

 

私が父親の立場だったらきっと頭がおかしくなるでしょうから、今後の親御さんの精神面が心配ですね。。