MIJINKO blog

大学生3人組による自由気ままなブログ

【仮想通貨】まだ間に合う!今話題のCOMSAってなに!?稼げるの!?【儲かる】

 

皆さん、こんばんは!
MIJINKOblogのジャビットです!

 f:id:ago10:20170830003919j:image

 

さて、突然ですが、みなさんは仮想通貨持ってますか?

仮想通貨といえば最初にビットコインが頭に浮かぶかと思いますが、今やネム、イーサリアム、リップルコイン、リスクなどというように何十種類、何百種類もの仮想通貨が存在します。

私自身、1年ほど前から仮想通貨に興味があって調べたりはしていましたが、実際に持ってはいませんでした。

ですが、周りの人たちの影響などもあり、勉強も兼ねて今年の6月くらいから少しずつ買っています。
今年は、仮想通貨元年と言われるほど仮想通貨界隈が盛り上がっていますし、最近では新聞やニュース等、メディアに取り上げられることも多くなってきています。 

 

というわけで今回は、中でも今月初めに発表され話題となっている今大注目のCOMSAについて書いていきます!

仮想通貨投資をやっていない人でも、ニュースや新聞をよくみる人は、一度はCOMSAって言葉は聞いたことあるんじゃないでしょうか。

そんな「COMSA」は、仮想通貨についてそれほど知らない人にとってはよくわからない話だと思いますが、自分なりにまとめていきたいと思います!

 

そもそもCOMSAってなんだよ?

 正直なところ、この辺の説明が1番難しいですし、仮想通貨について詳しくない人にはさっぱりだと思います。

ですので、最初は、「へーそうなんだー」くらいの気持ちで流してくれて結構です(笑)

「COMSA」とは、仮想通貨取引所zaifを運営している「テックビューロ」という会社が新しくICOプラットフォームを立ち上げるというプロジェクトです。

このプロジェクトによって提供されるプラットフォームを使うと、仮想通貨についてのノウハウがない会社でも、ICOなどといった仮想通貨を使った案件を扱うことが可能になります。

ちなみにICOとは、簡単に説明すると、企業や団体が資金調達する際に、ブロックチェーン上で仮想通貨やトークンを発行し、個人など不特定多数に販売することです。

先日、人気ユーチューバーのヒカルさんが起こした騒動をご存知の方は「VALU」って聞いたことありますよね。

あれは、個人が発行する仮想株式を売買するネットサービスで、ざっくりいうと、株式会社を個人にあてはめたようなものです。ICOはその「VALU」を企業単位でとらえたようなものです。少しざっくりしすぎですかね(笑)

この「ICO」は、資金調達に要する時間が、新規株式公開(IPO)に比べて非常に短くて済むというのが特徴として挙げられます。

 

........どうですか?

かる~く説明してみましたが、また新たに変なワードが出てきたりしましたよね。

そうなんですよ。仮想通貨って、調べれば調べるほど聞きなれない言葉が出てくるので、きりがないんですよ(笑)

今回はCOMSAについてがメインなので、このくらいの説明にしておきますが、是非一度「ICO」や「ブロックチェーン」などの仮想通貨のメインとなってくるお話については、調べてみることをお勧めします。

今後、フィンテックなどが進んでいく中で、この辺のお話は避けては通れないので、どんな形にせよ、皆さんもいずれは知る必要が出てくると思います。

 f:id:ago10:20170830112554j:image

 

さて、話を戻します。

このICOという方法を使えば、迅速な資金調達が可能になってきます。

とすると、ベンチャー企業なんかは、仮想通貨の発行とかやってみたいって思いますよね。

ですが、仮想通貨のノウハウを持っていない企業がこれを行うのはかなり難しいです。

そこで、このようなニーズを察して、それに応えようとしているのが「COMSA」なんです。COMSAというプラットフォームが、企業のICOなどをサポートしてくれます。

 

企業がわざわざCOMSA使ってまで仮想通貨やる意味あるの?

ここまで聞いただけでは、そんなにも扱うのが難しい仮想通貨を、使うメリットってよくわかりませんよね?

しかし、今世界的に企業の資金の調達方法の1つとしてICOが注目されています。

それは一体なぜなのか?

たとえば、、、

誰かが画期的で素晴らしい製品のアイデアを考えたとします。

このアイデアを製品化して、販売することができれば爆発的ヒットは間違いなく、一瞬で世界に普及していきます。
しかし、このアイデアを製品化し、売り出していくには、まず、資本金を用意する必要があります。

しかも、このアイデアの製品化のための資本金には数十億も必要だとします。
では、このときどうやって資金を調達しますか?
これまでは、まずVC(ベンチャーキャピタル)を活用することを考えますよね。あとは資本金がそんなに多額でなければ銀行からお金を借りるってのも1つの手段ですよね。

けれども、VCを使うと、会社の貴重な株式を発行することになりますし、大きな会社に買収されてしまうこともあります。

それに、銀行だとスタートから借金を背負うことになりますし、そもそも銀行にお金を貸してもらうために、銀行に対してアイデアの素晴らしさを説明して、納得してもらう必要だってあります。


そこで!これらのリスクをとることのない、画期的な資金調達手段として注目されているのが「ICO」なんです!

 

実例として、今年の6月に起きた事例では、Mozilla前CEOのBrendan Eichが立ち上げたブラウザ開発企業Braveが、ICOで3500万ドルを調達しました。しかも、30秒以内というありえないスピードで。

30秒で35億?もうわけがわかりません、、、

ICOでは投資に対して暗号通貨が配布されるようになっており、投資家は従来の株式よりも多様な形で資産を保有することができます。「Brave」は資金調達にあたり、独自の通貨「BAT」を10億枚売却しました。その総額は15万6250ETH(=3500万ドル強)。

もし、Braveの提唱するブロックチェーン技術を使って広告システムを効率化し、広告主や出版社、ユーザーという全ての関係者がメリットを享受できるような仕組みが普及すれば、その上で動く「BAT」も価値を高めることになりますよね?

現在のICO市場では、投機的なニーズが非常に強くなっているので、世界中からこの新しい通貨「BAT」を買う人々が殺到しました。

ただこれ、企業側から見ると革命的なことで、株式を与えることなく、借金を背負うことなく、世界中から一瞬にして多額の資金を調達できちゃっています。

 このICO案件として出てきたのが「COMSA」なんです。

COMSAは本格的なICOとしては日本で初めてで、これはICOのためのプラットフォームであり、CAMPFIREなどの企業もCOMSAを使ってICOする予定です。

そして、これを私たちの側からみると、COMSAに登録をしておけば、これから私たちも簡単にICO投資に参加できるようになります。

COMSAへの登録はこちらからできます→https://tokensale.comsa.io/?ref_id=5b4f90f6d88fd91023bea56438d7bd7e

  

 なぜ、COMSAはここまで騒がれているの?その理由。

仮想通貨市場全体が盛り上がっている

そもそもこの仮想通貨の市場には、投資意欲が高い人が多いのが特徴なんです。COMSAは8月3日に公開されてその日のうちに登録者が恐ろしい勢いで増えていきました。

そして、COMSAだけでなく、他のいくつもの仮想通貨が毎日毎日新たな情報や、値動きで盛り上がりを見せています。

 

日本で初めての本格的ICOプラットフォーム

世界では既に、ICOがどんどん繰り広げられていますが、日本ではまだまだ普及されておらず、COMSAが本格的な初めてのICO案件となります。そういう背景もあって、儲かるか儲からないかという話以前に、単純にプロジェクトを応援したいという人たちが大勢います。

 

COMSAのプロジェクトに参加する人たちがすごい

 f:id:ago10:20170830022742j:image

まあ、メンツが豪華ですよね。

これだけの人たちが関わっていると、力の入れ具合がどれほどのものかが伝わってきます。

さらに、日本で1発目なので絶対に失敗させたくないっていうのもあると思います。

テックビューロでは、銀行や証券会社、弁護士で法的な整理や会計ルールについて意見交換する「ICO協議会」が設けられ、日々研究が行われています。

 

結局、儲かるのか?

f:id:ago10:20170830112630j:image

皆さんが1番知りたいのはここですよね(笑)

現在は、COMSA(コムサ)からの情報提供待ちの状況であって、実際のトークンセールは10月2日からです。

ですが、実際にはその前に事前登録を行っている人に対してプレセールが実施されます。いかにして、ここで先にCOMSAトークン(CMS)を仕入れることができるかが重要になってきます。これによって先行者利益を狙うことができますからね。

また、COMSAトークンを保有することのメリットもあります。

トークンセールにて販売されるCOMSAトークンは、2号案件以降のICOでの払込みに使用することによって、5%以上の追加プレミアムボーナスが約束されます。

さらに、CMSトークンの保有者に対しては、今後のICO案件において特別なクローズドのプレセールへ招待される特権が付与される予定です。最低どれだけという記載もないのでとにかく持っておけばいいってことですよね。

しかも、発行上限枚数が無いので期間中に買えばいいだけです。

 

実のところ、COMSAについて詳しくなくてもいい!

さて、ここまでCOMSAについて小難しい話をして来ましたが、実のところ私たちにとっては、テックビューロの技術を信用するか?しないのか?どうなんだ!というそれだけの事なんです。

いずれにせよ、事前登録は無料でできるので、登録しておいてから情報を集め、投資されるかは決めれば良いのではないかと思います。

仮想通貨セール前に、事前登録をしておくと、稼げる可能性が広がります。

事前登録はこちらから→https://tokensale.comsa.io/?ref_id=5b4f90f6d88fd91023bea56438d7bd7e

 

ちなみに、すでに登録者は7万人を超えています!情報を受け取るためにもできるだけ早く登録だけでもしときましょう!

 

 

いかがだったでしょうか?

ちなみに、私はプレセールで10万くらいは注ぎ込もうかなって考えてます!個人的に、短期的にはどうかはわかりませんが、長期的には上がっていくと思いますので。

 

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました。最後に、事前登録のやり方書いておきます!30秒くらいでくらいですぐ出来ます!

ではではこの辺で!

 

事前登録のやり方

まず公式HPに飛びます。

 

ここから公式のサイトに飛べます↓

https://tokensale.comsa.io/?ref_id=5b4f90f6d88fd91023bea56438d7bd7e

 

そして、メールアドレス、パスワードを入力します。すると、確認メールが届くのでURLをクリックして完了です!

あとはCOMSAの連絡を待つだけです!