MIJINKO blog

大学生3人組による自由気ままなブログ

感動映画「僕のワンダフル・ライフ」の感想と所々ネタバレ有

Hi! What's up( ✌︎'ω')✌︎ サラダボウルだよ!!

 

「ペットロス症候群にかかってしまうような人たちは、涙なしでは観られない映画」と大好評の映画「僕のワンダフル・ライフ」。2017年9月29日に公開の「僕のワンダルフル・ライフ」を観てきました。早速この映画についての感想とネタバレを書いて行こうと思います( ̄∇ ̄)

 

僕のワンダフル・ライフ

f:id:ago10:20171003215306j:image

映画.com評価・・・3.7/5

yahoo映画評価・・・4.3/5

Filmarks評価・・・4/5

サラダボウル評価・・・4/5

ネットの評価が平均的に高い(^ ^)だいたいどんな映画でも評価そんな高くないイメージがあるんだけどこれは珍しく高い気がする。


『僕のワンダフル・ライフ』予告編

〜あらすじ〜

ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリー(後々名付けられる)の“最愛の人”は、自分の命を救ってくれた少年イーサン。イーサンとベイリーは長い時間を一緒に過ごし固い絆ができる。しかし、犬の寿命は人間よりうんと短い。 ついに、ベイリーが旅立つ日がきてしまい物語りが終わるのかと思いきや―彼は違う犬として生まれ変わった。警察犬、貧乏な家庭の家、恋愛がしたいさみしい女の子の家、ベイリーはイーサンに会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すが、そう簡単にはイーサンと遭遇できない。ようやく3度目で再会を果たしたベイリーは、自ら与えられた“重要な使命”に気付く。その使命とは・・そして最後にベイリーは幸せになることができるのか。

 

~感想~

泣いた。正直最初の10分ぐらいは外れ映画かと思ってがっかりしてたけど、途中から映画にのめりこんで泣いてた(笑)ネット評価が高めで期待してみていたこともあり、個人的には最初の10分ぐらいは少しふざけた映画に感じた。感動するためにこの映画を見に行ったのでその時は正直ショックだった。けれど途中から人間のやさしさや、犬の演技力に圧倒された、、しかもなんといってもかわいすぎる。

 

ここから少しネタバレ入ります。見たくない人は劇場へ・・・

いい点と悪い点をいつものようにまとめていきます

良い点

・犬が可愛すぎる

・ネットの評価にも書いてありますが犬の演技がすごい(ここはかなりの見どころ)

・最終的に話がまとまっていて終わり方も素晴らしい

・犬の感情を実際に声に出していることで、その時その時の犬の気持ちがはっきりと伝わってくるのがいい。犬の気持ちの書き方が秀逸。

・感動だけでなく、面白いところもある

・輪廻転生という少リアルでは考えられない設定なのに難なく受け入れることができた

・犬とのお別れが実際に犬を飼ってる人の状況と重なって泣ける

・映画のテンポが速くて見ていて飽きなかった。

悪い点

・犬の心情が聞こえすぎるのもどうかなと思ってしまった。吹き替え版を見たこともあり、最初の方は違和感を感じた。

・犬が何回も死ぬところがかわいそうでつらかった

・犬の飼い主が、犬の死んだ後どう生活を送ったのか知りたかった

・たまにカメラアングルのせいで現実に引き戻されるシーンがあった(犬がカメラをぺろぺろしてるアングル、飼い主が犬をつかんでぐるぐる回るシーン)

とまあこんな感じです。いろいろ書いたけど犬が好きな方、感動したい方は絶対見るべき映画です。ネットでの評価もすごい良く、見終わった後もネット評価を見ていい気分になれた(笑)

 

~ネタバレ込みのストーリー紹介(自分のその時の感情込みw)~

少年イーサンに出会うまで・・・

初めは犬が生まれ変わるのだということを知るとこから始まります。生まれ変わり、犬が織の中から逃げ出します。そこで主人公に拾われるのかと思いきや、犬を金儲けのために売ろうとする悪人につかまってしまいます。その悪人たちは、犬のことをなんも考えていなく、熱い車の中に置きっぱなしにしていきます。そこに通りかかったのがこの映画の主人公になる幼少期のイーサンとお母さん。ここで犬を助けるのはわかるのですが、少しありえない助け方をします。お母さんが窓をたたき割ってしかもその犬を勝手に持ち帰っています。ここのシーンを見たときに外れ映画なんじゃねえかって思ってました。犬を持ち帰ったイーサンはお父さんに許しを得て犬を飼い始めます。そして助けられた犬はベイリーと名付けられます。助けられたベイリーはイーサンとずっと一緒にいようと決意をします。「イーサンを愛し、幸せにするのが僕の役目」と。

 

幼少期イーサンとの生活・・・

イーサンはすごいやさしい少年で犬と毎日付きっ切りで遊びます。夏休みには、イーサンの祖父母の農場へ泊まりにいき、美しい自然のなか毎日のようにアメフトのボールで遊びます。イーサンが投げたボールをベイリーがキャッチするというすごい一芸の得意技を開発したりと毎日を楽しく過ごしていました。(後々感動するシーンにつながります)イーサンのお父さんの大切にしているコインを飲み込んだり、犬ならではの行動を見せる中で感情がしっかり聞こえるところが面白かった。行動と犬の感情の声がマッチしすぎていて、犬はこう思って動いてるんだって勝手に思ってしまいました(笑)そしてイーサンも大人になっていく・・

幼少期のイーサンとベイリー↓

f:id:ago10:20171004220244j:plain

出典:僕のワンダフル・ライフの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

 

イーサンが大学生になり・・・

イーサンはものすごいイケメンに成長しています。うらやましい。アメフトの優秀選手として忙しいイーサンですが、しっかりベイリーを連れて仲良く歩いています。ベイリーも大きく成長しています。家に帰ると仕事バリバリできていたお父さんが、昼間からお酒を飲んでいて嫌な雰囲気になっていました。たぶんリストラ?されたのかな。ここら辺をもっと知りたかった。そこから場面は変わり、遊園地にベイリーとイーサンは行きます。ベイリーはすごい鼻がよく、イーサンから急に汗のにおいがすると感じとります。この汗のにおいとは、恋の合図?的な物でした(笑)イーサンは女の子(ハンナ)に見とれていて、ハンナとイーサンをベイリーがつなぎ合わせます。↓ハンナ

f:id:ago10:20171004225414j:plain

そしてハンナとイーサンは仲良くなり、付き合い始めイーサンとハンナとベイリーでよく遊び始めるようになります。イーサンはアメフトの推薦でハンナと同じ大学に行くことが決まっていました。何もかも順調だったのですが、お父さんが母親に手を出すのでイーサンが出ていくようにいい、お父さんは家からいなくなります。もうお父さんは出てこないかと思ったら、すごい迷惑をかけてきます。お父さんのことが原因でチームメイトに手を出してしまうイーサン。何事もなく終わってくれと願うがそうはいかず。イーサンとあまり仲の良くなかったその殴られたチームメイトは軽い気持ちでイーサン家に花火を投げ込みます。それが運悪く引火してしまい、イーサンの家が火事になります。助かるならよかったのですが、イーサンは母親と犬を助け、自分自身は足にけがを負ってアメフトができなくなり農業大学に行くことになりました。当時若かったイーサンはハンナに八つ当たりし「もう会わない方がいい」と、行ってしまいます。このシーンがすごい辛かった。ベイリーはこのことを理解せず、ハンナにボールを投げてと渡しますが彼女はそのボールを遠くに投げて車で走り去っていきました。大学に通い始めベイリーとイーサンは離れ離れになります。ベイリーはイーサンと別れたことからなのか、だんだんと遊ぶことがなくなり、動かなくなりました。犬の歳の追い方がすごいリアルで泣きそうになった。病院に連れていかれ目に涙を浮かべるベイリー。ベイリーの状態がひどく、イーサンは急いであいに戻ってきます。この時のイーサンの顔と、喜んでいるベイリーが切なすぎた。そしてこのままベイリーはなくなってしまいました。この時、あれ、まさか映画終わった??って思ったんですけどなんとすごい明るい感じでまた生まれ変わります。しっかり前の記憶は残ったまま生活し始めます。成長したイーサンとベイリー↓

 

f:id:ago10:20171004220512j:plain

出典:【映画】僕のワンダフル・ライフ│アリスのさすらい映画館

 

なんと警察犬として生まれ変わっちゃった(゚д゚)!・・・

新しく生まれ変わったのはエリーというメスのシェパードの警察犬であった。飼い主の警官が寂しそうにしているとエリーは一緒にベッドに行き寄りそうのだった。ある日少女を誘拐した犯人から飼い主の警官を守ろうとしたエリーは犯人に撃たれ生涯を終える。犬のことを思って泣きながら救急隊を呼んでいる時はこっちも泣きそうになった。

 

そして今度は恋に悩む女の子の小型犬ティノとして生まれ変わる・・・

今回は恋がしたいけれどなかなかうまくいかず悩む女の子の飼い主で、恋人がなかなかできないこともあり毎日一緒に生活します。そんな中ベイリーは犬に一目ぼれをします。(笑)その一目ぼれした犬の持ち主と飼い主の女の子がだんだんと仲良くなり、最終的に結婚して子供を産みます。子供が生まれて嫉妬する犬がかわゆい。子供が成長するとともに犬も成長しティノとして幸せの生活に生涯を終える。

f:id:ago10:20171004225103j:plain

出典:僕のワンダフル・ライフ - 作品 - Yahoo!映画

 

貧しいカップルに飼われることになります・・・

再び生まれ変わり今度は貧しいカップルに拾われます。彼女は優しいのですがどこにも遊びに連れて行ってくれずどんどん大きくなるワンちゃん。お金がないことが原因なのか、良い引き取り手を探してねと彼氏に預けます。しかしこの彼氏はクズで彼女には内緒で道に捨てます。このままさみしく生涯を終えるのかと思っていたのですが・・・犬が一人で歩いていると懐かしい匂いがすることに気づく。その匂いのおかげで彼はやっとイーサンの実家に戻ってくることができたのだ。大人になったイーサンと再会することができたベイリーだったが、イーサンはこの見知らぬ犬がベイリーの生まれ変わりだと気づく由もなく、彼を施設に預けてしまう。しかし何かをベイリーに感じていたイーサンはこの犬をバディと名付け、飼うことに決める。イーサンが独り身で寂しい思いをしていると感じ取ったバディは、大人になったハンナを見つけ出しイーサンとハンナを再会させることに成功する。
そしてイーサンとハンナは結婚し幸せになる。イーサンが幸せであることに喜びを感じているベイリーだったが、イーサンに自分がベイリーの生まれ変わりであることを知ってほしいと思い始めるのだった。そこで彼は、イーサンが子供の頃に二人でよく遊んだ二人だけの特別なキャッチボール遊びを披露する。するとイーサンはバディが彼のボスドッグ、ベイリーの生まれ変わりであることに気がつく。そしてネームタグを昔のベイリーのものに付けなおすのだった。このシーンにはほんとに泣きましたね・・なぜ何度も生まれ変わったのか、僕の真の使命は何なのか。飼い主であるイーサンへの愛を貫くことだったのだ。年取ったイーサンと生まれ変わったベイリー↓

f:id:ago10:20171004224922j:plain

出典:映画『僕のワンダフル・ライフ』のあらすじと日本公開日は?原作本と予告編を紹介! | 映画FANー映画から始まる充実した時間

 

~まとめ~

ベイリーの命を救ってくれたイーサンは、ベイリーにとって命の恩人であると同時に、家族のようにかけがえのない存在です。そのベイリーの気持ちが、映画『僕のワンダフル・ライフ』を通じて痛いほど伝わってきた。巡り巡って一番愛しているイーサンのもとにたどり着いたときは泣きましたね。姿かたちは変わっても愛を貫くところがたまりませんね。感動に飢えてるひと、犬が好きなヒト、後悔しないから絶対見たほうがいい。涙なしでは観ることができないこの映画。ぜひ劇場へ・・・みんながこの映画で少しでも暖かくなってくれることを祈ります。

 

では・・See You