MIJINKO blog

大学生3人組による自由気ままなブログ

【仮想通貨】Lisk(LSK)は高騰間違いなし!?アップデートや今後の将来性について!上場の噂も?

みなさんこんばんは!

MIJINKOblogのジャビットです!

今回も前回に引き続き、仮想通貨について書いていきたいと思います!

 

そして!今回紹介する通貨はこちら↓

「Lisk(LSK)」

f:id:ago10:20180105023534j:image

Lisk(LSK)とは?

Liskとは、2016年5月にイーサリアムの系統から派生して生まれた通貨であり、イーサリアムと同様にプラットフォーム型でスマートコントラクトの機能を備えています。

国内の取引所だと、Coincheck(コインチェック)だけが唯一取り扱っています↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

時価総額のランキングは現在22位なので、コインチェックの他の銘柄と比べるとまだまだ低いです。(2018年1月5日現在)

 

 

時価総額が低いということはそれだけ伸び代があるということであり、暴騰の可能性も秘めています。

 

Liskは、今注目を非常に集めている通貨であり、2018年はLiskの年といってもいいほど今年は好材料が控えています!

ということで今回は今後大暴騰の可能性を大いに秘めているLISKについて書いていきます!

 

ただ、正直なところみなさんが気になっているのは価格が上がるかどうかだと思うので、技術的なことはあまり深掘りせずにいきたいと思います。

 

Lisk core 1.0がリリース間近!

今の最新のバージョンは0.9.11で、これはどういうことかというと、まだ正式版がリリースされていない状態です。

簡単に例えると、AppleがまだiPhoneを発売しておらず、そしてその発売が差し迫っているような状況です。

正式版がリリースされていないのにも関わらず今の価格であり、今の時価総額です。

高いと思いますか?低いと思いますか?

 

低いですよね!!(笑)

 

それなのに、さらにLisk core1.0がリリースされるとなると、、、

もうお分かりですよね?

 

そのLisk core1.0のリリースですが元々は2017年内に予定されていましたが間に合わず、今は1月末にはリリースされるのではないかとされています。

 

2月20日にリブランディング!

私が今年1番注目しているのはこれです!

リブランディングとは、すでに構築されているブランドを再定義・再構築し、よりよいブランドを作ることです。

まだリスクのリブランディングの具体的な内容は明かされておりませんが、過去の他の通貨の事例を挙げると、

DarkcoinDash

AntsharesNeo 

に名称変更した事例がありました。

そして、このどちらの通貨もリブランディングのあとに大きく価格を上げています!

そして、Liskのリブランディングでは、リスクという名称が変更されるという噂やアイコンが変わるという噂などが出ておりますが実際のところはまだわかりません。

Liskは名前が気になるので変えてほしい気もしなくもないですが、どうやら名前は変更しない旨の発言が過去にされていたようなのでこれはないかもしれませんね。

 

いずれにせよ、ミートアップやリスク公式のツイッターを見るに、Lisk財団はかなりリブランディングに重きを置いているので今後の動向が楽しみです!

 

bitFlyer上場の噂

あくまでこれは噂にすぎませんが、まずこの噂が広まったのは2017年の9月のLisk公式の1つの投稿からです。

 

 

このツイートの内容は、詳細は明かせないけど、日本の取引所に上場するよというようなものです。

これによってbitFlyer上場の噂が一度広まりました。

 

一旦は落ち着いたのですが、昨年の11月にビットフライヤーのドメインにLiskのアイコンがあるのが発見されました。(今はもうすでに削除されています)

これによって再びこの噂が再燃しました。

 

私も初めは、あくまで噂であってガセだろうなと思っていました。しかし、ドメインに画像があったのはあまりにも不自然で怪しいです。

さらに、一度NEMでもBF上場の噂が流れたことがあって、その時はすぐにbitFlyerが否定する旨を発表しています。ですが、今回は全く反応がない、、、ということは?

ただし、あくまでウワサですので、投資するのは自己責任でお願いします(笑)

Liskは今のところ国内だとコインチェックでしか買えません↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

ではなぜここまでBF上場するかしないかが重要なのか?

それはこれによって大暴騰する可能性があるからです!もう、随分前のことに感じるMONAの大暴騰を覚えていますか?あれのきっかけとなったのはBF上場です!上場前は100円程だったものが一時は2000円まで上がりました!

 

Lisk(LISK)今後のロードマップ

リスクは昨年に行われたベルリンでのミートアップで今後のロードマップ(予定表)を更新しています。

f:id:ago10:20180105145633j:image

ざっくり要点だけまとめると

2017年内

・Lisk core 1.0アップデート

これは間に合わなかったようで今のところ1月下旬が濃厚なようです。


2018年

・1月〜3月 モバイル&デスクトップアプリ
・2月20日 リブランディング
・4月 SDK配布
・7月 分散型取引所

これはLiskだけでなく、仮想通貨全体に言えることですが、ファンダメンタルに素直に反応して価格を上げてくる傾向にあるのでそれぞれの好材料の前ではしっかりと期待で底をあげてくると考えられます!

 

終わりに

 いかがだったでしょうか

Lisk(LSK)は日本のCoincheck(コインチェック)で取扱いがある通貨なので知っている人は多かったと思います!

知らなかった人も今後の期待や将来性を少しはわかってもらえたはずです!

プラットフォーム型通貨であるリスクは間違いなく2018年に来ると言われているので乗り遅れないように早めに仕込むことをオススメします!

Liskは一番推している通貨ですので今後も動向を追って、新情報があれば随時記事にしていきたいと思います!

ではではこの辺で失礼します。

国内唯一のLISK取扱い取引所↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

www.johsblog.net

 

www.johsblog.net